HOME   »   新品レコード新着情報  »  ★ヴァン・ダイク・パークスがプロデュースしたガビー・モレーノ新作『 ¡SPANGLED!』入荷!!10/17(木)本日の新入荷新品レコード
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
★ヴァン・ダイク・パークスがプロデュースしたガビー・モレーノ新作『 ¡SPANGLED!』入荷!!


●GABY MORENO & VAN DYKE PARKS ガビー / ¡SPANGLED! 輸入LP 3,080円(税込) (NONESUCH / 75597923803 / 0075597923803)


ヴァン・ダイク・パークスがプロデュースしたグアテマラの女性シンガー・ソングライターにして現代ラテン・ポップ・シンガーの代表格の一人であるガビー・モレーノの新作。リリース情報は前々からアップされてましたが、少しずつ詳細が明らかになってきました。北アメリカへの移民が持ち込み、いまでも愛される名曲たち ー パナマのボレロ、ブラジルのボサノヴァ、アメリカ南西部のエレガントなバラード、そしてデビッド・ラダーによるカリプソまでが、ヴァンダイクらしい流麗なオーケストラ・アレンジで新たに生まれ変わるという内容は『ディスカバー・アメリカ』の現代版と言って差し支えないでしょう。ライ・クーダー、ジャクソン・ブラウンといった面々も参加。今年の話題作となること必至です。*以下メーカーインフォよりこの時代だからこそ聴きたい、聴かせたい、美しくロマンティックなアメリカン・ミュージック。グアテマラ生まれのシンガー・ソングライター、ギャビー・モレノと、革新的なアレンジと高い音楽性で独自のスタイルを築き上げてきた奇才プロデューサー/ソングライター/アレンジャー、ヴァン・ダイク・パークスによる、見えない壁も国境も超えたコラボレーション・アルバム『!SPANGLED!』発売。

■ グアテマラ生まれのシンガー・ソングライター、ギャビー・モレノと、革新的なアレンジと高い音楽性で独自のスタイルを築き上げてきた奇才プロデューサー/ソングライター/アレンジャー、ヴァン・ダイク・パークス。その二人によるコラボレーション・アルバム『!SPANGLED!』がNONESUCHより発売となる。

■ 中米グアテマラに生まれたギャビーと、北米ミシシッピに生まれたヴァン・ダイク・パークス。共に現在はロサンゼルスを拠点に活躍している二人が今作で取り上げるのは、“アメリカ大陸で生まれた”楽曲たち。アルバムに収録されている10曲には、パナマのボレロや、ブラジルのボサノヴァ、そしてアメリカ南西部の哀歌などがセレクトされている。アルバムから先行トラックとしてリリースされているのは、トリニダード・トバゴのソングライター、デヴィッド・ラダーの「The Immigrants」、そして、ライ・クーダー、ジョン・ハイアット、ジム・ディッキンソンがウィリー・ネルソンの同名アルバムの為に作った「Across The Borderline」。ちなみにこの曲には、ライ・クーダーとジャクソン・ブラウンもフィーチャーされている。

■ アルバムの選曲についてギャビーはこのように語っている。「私たちはラテン・アメリカの曲ばかりにしたくなかった」さらに彼女はこう続ける。「北米の曲も選んでいいと思った。私は(北米も中南米も)アメリかという一つの大陸として見ている。北米とラテン・アメリカを一つにすることは、自分にとってとても大切なことなの――さらに現在起こっている移民についての厳しい政治的状況を考えても、とても重要なことだと思う」

■ 実は、ギャビーとヴァン・ダイク・パークスが初めて共演したのは、10年以上も前のことだった。ロサンゼルスのラーゴで共演した時について、ギャビーはこう振り返る。「その時、こうした音楽をどれほど愛しているか、そして一緒にコラボレーションが出来たらどんなに良いか、長い時間を掛けて話したの」その出会いがきっかけとなり、二人はメールで音楽のやりとりをし始めるようになったという。「彼は、私が全く聴いたこともなかったラテン・アメリカの楽曲を送ってきたりして、私が知っているべきであった様々な音楽に触れさせてくれた。そして気づいたら、10曲出来上がっていたのよ」

■ またヴァン・ダイク・パークスは、2010年7月4日にデンマークで開催されたヨーロッパの老舗フェスティヴァル、ロスキレ・フェスティバルに招かれたとき、オーケストラとギャビー・モレノとの共演を希望したという。「この時、私は演奏する楽曲をパン・アメリカ(汎米)で行こうと考えた。私は”醜いアメリカ人”が出てくる前の時代を表現したかったのだ」彼はその時のセットについてそう語っている。その後、二人がこの時の楽曲を再び演奏する為にスタジオに集まった時、ヴァン・ダイクはライ・クーダーにグラント・ガイスマン、リーランド・スカラー、ジム・ケルトナー、ジャクソン・ブラウンを始めとするミュージック・シーンのベテランたちに、ストリングスと管楽器のアンサンブル、さらにマリンバ奏者のマット・クックに声を掛けたのだった。そうして本作、『!SPANGLED!』が完成したのだった。

■ この時代だからこそ聴きたい、聴かせたい、美しくロマンティックなアメリカン・ミュージック。見えない壁も国境も超えたところにある音楽を通し、今アメリカを取り巻く問題について考えさせる、深く美しいアルバム、それが本作『!SPANGLED!』なのだ。【ギャビー・モレノ】
ギャビー・モレノは、グアテマラ生まれで約20年前からロサンゼルスを拠点に活躍しているシンガー・シングライター。ブルース、ジャズ、フォークやソウルといった様々な音楽的要素を取り込みながら、母国語のスペイン語と英語の両方で歌う彼女は、パンチ・ブラザースのクリス・シーリーがホストを務めるラジオ番組『LIVE FROM HERE』にも頻繁にゲスト出演している。2013年にラテン・グラミー賞で最優秀新人賞を獲得した彼女は、2017年のグラミー賞で最優秀ラテン・ポップ・アルバムにもノミネートされた。【ヴァン・ダイク・パークス】
ヴァン・ダイク・パークスは1943年1月3日、4人兄弟の末っ子としてミシシッピ州ハティスバーグに誕生。幼少のころにはボーイクワイアにも参加し、テレビショーにも子役として出演する。12才の頃には、グレース・ケリーの最後主演作品「白鳥」にも子役スターとして登場するほど才能に溢れていた。 大学ではクラシック・ピアノを専攻。その後 1964年ごろに、プロデューサーのテリー・メルチャーと出会い、レコーディングにも参加。そしてビーチボーイズのブライアン・ウィルソンとも交友を深めビーチボーイズの名曲を共作するに至る。66年にワーナーブラザーズのA&Rレニー・ワロンカーにソング・ライターとして雇われ、後にプロデューサーとしても活躍するテッド・テンプルマンも在籍していたハーパース・ビザールを手がける。そして、自身も68年に『ソングサイクル』をリリース。ハリウッドの映画音楽と、フォーク・ミュージックの華麗な融合として大絶賛を浴びる。その後はランディ・ニューマン、ライ・クーダー、リトル・フィートなどのアルバム制作を手がける。70年には、カリビアン・ミュージックへの敬意と憧れからエッソ・トリニタード・スティール・バンドもプロデュース。それは自身のセカンド・アルバム『ディスカバー・アメリカ』(72年)、『ヤンキー・リーパー』(75年)という作品にも反映される。また、72年に、LAで録音された、はっぴいえんどのラスト・アルバムにソング・ライター、アレンジャーとして参加。これが大きなきっかけとなって細野晴臣や大滝詠一に大きな影響を与えることになる。1984年には10年ぶりのアルバム『ジャンプ』を発表。その後ディスカバー・ジャパンとも言える『TOKYO ROSE』(89年)をリリース。今回の紙ジャケット・コレクションでは、5枚のオリジナル・アルバムと関連するアルバムを紙ジャケットで発売する。 なお2007年春には、細野晴臣トリビュートに参加し、大きな話題になった。








300枚限定!!鬼才パーカッショニスト、マルコ・ボスコが 1983 年にリリースした初となる自身名義作『METALMADEIRA』初の リイシュー盤入荷!!

●MARCO BOSCO / METALMADEIRA 輸入LP 3,300円(税込) (LES GIANTS / LES002 / 2299990906889)


快挙! あのジスモンチとも親交の深い鬼才パーカッショニスト、マルコ・ボスコが 1983 年にリリースした初となる自身名義作『METALMADEIRA』が初の LP リイシュー!サンパウロ出身のプロデューサー/パーカッショニストとしてエグベルト・ジスモンチやレイラ・ピニェイロを支えたというマルコ・ボスコ。一時期日本にも滞在し、自身のバンドであるグルーポ・アカルーで山本剛と録音するなど、日本にもなじみの深い音楽家だが、そのグルーポ・アカルーを解散したのち、初めてリリースした自身名義作品が本作『METALMADEIRA』である。当時のブラジルではメジャー会社からの過度な干渉を避け、インディペンデント・レーベルから自身の音楽性を存分に発揮した作品をリリースするミュージシャンが一般化しつつあった時期で、本作も同様にマイナーなレーベル「Arco Iris Empreendimentos Artisticos」からリリースされたもの。タイトルは「Metal = 金属」と「Madeira = 木」を掛け合わせた造語で、マルコが自身のパーカッションのほとんどがこの 2 つの素材から成り立っていることから着想を得たのだという。カリンバを中心としたスピリチュアルなオープニング "Metal I" を筆頭に、同時期のジスモンチにも通ずるスペーシーなインストゥルメンタル "Metal II" など DJ にも人気のトラックを収録した Side-A は、楽曲名からもわかる通り、金属の楽器を中心にした演奏を収録。一方の Side-B は、MUSIC FROM MEMORY のコンピレーション『OUTRO TEMPO: ELECTRONIC AND CONTEMPORARY MUSIC FROM BRAZIL, 1978-1992』にも収録されたルリ&ルシーナをフィーチャアした "Madeira II" を筆頭に、木製のパーカッションと歌声をメインに、ときに自然音なども交えたアマゾンのごとき神秘さをたたえたトラックが並ぶ。その個性的な内容と確かな音楽性はもちろん、マイナーレーベルからのリリースということもあり、当時のオリジナル盤は実に貴重で、近年高値で取引されている状態であった。今回のリイシューはまさに待望なわけだが、今回はそれだけでなくマルコ・ボスコ自身が手掛けた未発表曲2曲を収録という嬉しいボーナスもあり。再評価高まるブラジルの知られざるインディー・ミュージック、器楽音楽のなかでも、いま最も聴かれるべき一枚と言えるだろう。特殊スリップケース付き全世界300枚限定。






★ニューミュージック・マガジンPART 2がいよいよ入荷!!


●ミュージックマガジン / ニューミュージックマガジン1969年9~12月号 (ミュージックマガジン増刊) 国内BOOK 2,200円(税込) (ミュージックマガジン / / 4910084801195)


2019年8月に発売した、ニューミュージック・マガジン(ミュージック・マガジンの創刊当時の誌名)1969年5?8月号をまとめたボックス『創刊50周年記念復刻PART 1』は大変ご好評をいただきました。それに続くPART 2がいよいよ登場です! 今回は69年の9?12月号を収録。PART 1に続き、音楽評論家の小倉エージさん語り下ろしの解説つき。これまた完全保存版のアイテムです。ミュージック・マガジン4月号に同梱した創刊号の復刻版と合わせ、これで創刊の年、1969年のニューミュージック・マガジンがすべて揃います。ぜひまとめてお買い求めください!
<もくじ>ニューミュージック・マガジン 1969年9月号
特集=ロック界に輝く14のスターたち

ビートルズ/アル・クーパー(加藤和彦)
ブラインド・フェイス/ジョニー・ウインター(福田一郎)
マイク・ブルームフィールド/ラリー・コリエル(エディ藩)
バターフィールド・ブルース・バンド/ジェファーソン・エアプレン(小倉エージ)
キャンド・ヒート/ヴァニラ・ファッジ(中村とうよう)
クロスビー・スティルシュ・アンド・ナッシュ/ローリング・ストーンズ(水上はる子)
ボブ・ディラン/レッド・ツェッペリン(田川律)
ロックとアメリカの変革(武満徹)
アメリカ文化革命におけるロック~競争社会、技術社会を拒否する若者の思想と音楽(矢部波人)
福田一郎のメモ帳から(5)'67モントレー・ポップ・フェスティバルの表と裏
クローダディ誌特約~モリソンの蜃気楼(2)(マイクル・ホロウィッツ)
ボブ・ディラン ディスコグラフィー
ジョンとマチャルのウソップ物語(6)(加藤和彦/広野勝)
歌「それで自由になったのかい」(岡林信康/後藤一之)
今月のニューミュージック
輸入盤紹介(福田一郎)
今月のレコード(朝妻一郎、板倉マリ、小倉エージ、亀渕昭信、木崎義二、桜井ユタカ、鈴木啓志、中村とうよう、日暮泰文、水上はる子)ニューミュージック・マガジン 1969年10月号
特集=想像力の解放区としてのロック
ニュー・ロック・リポート~オレたちにとってのロック(西山正、池田信一)
クロストーク~運動の中のロック(斎藤次郎、岩渕柯実子、室矢憲治、菊地かん、前島邦昭、田川律)
日記(マヤ、和也、澪)
詩・夜明けのサンバふう(佐藤信)
特集=ニュー・ミュージックの現状をつく
曲り角のニュー・ロック(木崎義二)
ロックの歩みをふり返れば(亀渕昭信)
注目を集めるニュー・フォーク(小倉エージ)
R&Bはどうなってる?(桜井ユタカ)
スーパー・グループと大型バンド(中村とうよう)
福田一郎のメモ帳から(6)'67モントレー・ポップ・フェスティバルの表と裏3
ぼくも40万人のひとりだった(成毛滋)
クローダディ誌特約~モリソンの蜃気楼(3)(マイクル・ホロウィッツ)
ジョンとマチャルのウソップ物語(7)(加藤和彦、広野勝)
歌「恋はやさし野辺の花よ」(佐藤信、林光、後藤一之)
今月のニューミュージック
輸入盤紹介(福田一郎)
今月のレコード(朝妻一郎、板倉マリ、小倉エージ、亀渕昭信、木崎義二、桜井ユタカ、鈴木啓志、中村とうよう、日暮泰文、水上はる子)ニューミュージック・マガジン 1969年11月号


★『ビートルズ・ストーリー』に続く新シリーズ!!名盤『アビイ・ロード』特集号入荷です!!


●藤本国彦 / アンド・ザ・ビートルズ VOL.1 アビイ・ロード (CD JOURNAL別冊) 国内BOOK 1,528円(税込) (音楽出版社 / / 4910042561291)


『ビートルズ・ストーリー』に続く新シリーズの登場です!ビートルズの活動を年ごとにまとめた『ビートルズ・ストーリー』に続き、さらに彼らの魅力をテーマごとにより深く伝える新シリーズの登場です。第1弾は、9月27日に50周年記念盤が発売される名盤『アビイ・ロード』です。有名なジャケット写真が撮影されてから50年目となる2019年8月8日の現場のルポや、日本でこの50年間に発売された『アビイ・ロード』のコレクション紹介(LP・CD・カセットテープ・8トラックテープ)、スタジオでレコーディングされたオールジャンルの名盤100選、さらにパロディ・ジャケット紹介など、見ても読んでも楽しめる1冊です。どうぞご期待ください!

【主な内容】

■巻頭カラー
50年目の『アビイ・ロード』~2019年8月8日、横断歩道で何が起こったか(井上ジェイ)
日本で発売された『アビイ・ロード』(木村秀樹・島乙平・横野正憲・吉川功一)
■特集1:ビートルズ『アビイ・ロード』
1969年のビートルズ(藤本国彦)/『アビイ・ロード』全曲解説(和久井光司)/ジョン・レノン&リンゴ・スター、最新アルバム『アビイ・ロード』を語る(朝日順子=訳)/ビートルズとモーグ・シンセサイザー(田中雄二)/使用楽器とサウンドの変化(パウロ鈴木。)
■特集2:『アビイ・ロード』50周年記念盤を聴く
未発表音源を含む聴きどころ紹介(真鍋新一)■特集3:アビイ・ロード・スタジオ
対談:川原伸司×菊池智敦/アビイ・ロード・スタジオはこうして生まれた(横野正憲)/アビイ・ロード・スタジオの100枚(小野島 大・小山 守・鈴木喜之・竹之内 円・長井進之介・藤本国彦・村山 愛・山田順一)『アビイ・ロード』を撮ったカメラマン(井上ジェイ)/ポール死亡説の謎(加藤正人)/『アビイ・ロード』の名カヴァーを聴く(真鍋新一)/僕の音盤青春記(牧野良幸)/アンドレ・ザ・ビートルズ(安田謙一・辻井タカヒロ) *本文イラスト=杉本綾子
■巻末カラー:パロディ・ジャケット51選


--------------------------------------------------

★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp
▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554
※携帯電話からは 03-6380-6173
Comment
Trackback
プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
4
10 16
22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユニオンレコード新宿 ■営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00) ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30