HOME   »   新品レコード新着情報  »  ★これぞ”ワンス・イン・ア・ライフタイム”のライヴ体験!鬼才デイヴィッド・バーンのブロードウェイ公演!! 1/24(金)本日の新入荷新品レコード
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
★これぞ”ワンス・イン・ア・ライフタイム”のライヴ体験!鬼才デイヴィッド・バーンのブロードウェイ公演!!


●DAVID BYRNE / AMERICAN UTOPIA ON BROADWAY (ORIGINAL CAST RECORDING LIVE)
輸入LP 4,070円(税込) (NONESUCH / 7559792300 / 0075597923001)


NYパンク・ムーヴメントの真っただ中に登場したニュー・ウェイヴ・バンド、TALKING HEADSの中心人物、鬼才デイヴィッド・バーンのライヴ・アルバムがリリース。2018年作『AMERICAN UTOPIA』リリース・ツアーを元にしたブロードウェイ公演の模様をレコーディング。ボーナストラックには"THE GREAT CURVE"も収録!

稀代の現代音楽家、デイヴィッド・バーンの最新アルバム『AMERICAN UTOPIA』のライヴ・パフォーマンスがブロードウェイに進出!!現代音楽の最高峰によるミュージック・パフォーマンスの理想郷――人類によるライヴ・パフォーマンスが生み出す無限大の可能性がここにある。

NYパンク・ムーヴメントの真っただ中に登場したアート的ニュー・ウェイヴ・バンド:トーキング・ヘッズでの活動を経て、その後ソロ・アーティストとしての音楽活動はもちろんのこと、フォトグラファー、映画音楽、ウェブ・ジャーナリスト、映像監督など多岐に亘る才能で自分にあるアートを表現し続ける鬼才、デイヴィッド・バーン。グラミー賞やゴールデン・グローヴ賞、さらにはアカデミー賞をも受賞するなど、その幅広い活動を通して高い評価を得ている。

その稀代の現代音楽家であるデイヴィッド・バーンの最新スタジオ・アルバムとなるのが、2018年3月に発売された『AMERICAN UTOPIA』。彼にとって約14年振りとなるこの作品は、米ビルボード誌200アルバム・チャートで第3位を獲得し、高い評価を集めた。そのアルバムが、この秋、ブロードウェイ・デビューを果たした。

ブロードウェイ・ショウのインスピレーションとなったのは、『AMERICAN UTOPIA』のコンサート・ツアーである。アルバムのレコーディングを行っていた時点から、これをライヴでやったらエキサイティングに違いないと感じていたデイヴィッドは、実際コンサート・ツアーが決まった時、頭にあった色々なアイディアや考えをステージに持ち込むことにしたという。その結果、デイヴィッドをはじめ、全てのミュージシャンがあらゆる”縛り”から解き放たれ、ステージを縦横無尽に動き回るという斬新なミュージカル・パフォーマンスが誕生した。ギターを手にしたデイヴィッドやバック・シンガーたちは勿論、ドラマーやキーボード奏者を含むバンド・メンバー全員が、ケーブルやコード、スタンドといったものから解き放たれ、それぞれ楽器を肩から下げ、ステージ上を踊ったり、フォーメーションを組んで行進したり、飛び回っているのだ。最新アルバム『AMERICAN UTOPIA』の他、「Once In A Lifetime」や「Burning Down the House」など、トーキング・ヘッズの代表曲もセットに組み込まれている。9か月に亘り、世界27か国で150公演以上行われたそのライヴ・パフォーマンスについて、NME誌は「史上最高のライヴ・ショウになるかも知れない」と絶賛している。

ケーブルやモニターアンプ、マイクやキーボード・スタンド、ドラムセットを乗せるライザーが一切消えたステージに、舞台のどこからも出入りが自由にできる細い鎖のカーテン。一切のものを削ぎ落としたミニマルな空間は、それ故に観客の視線をミュージシャンの演奏とパフォーマンスに惹きつける。「観客に一番のインパクトを与えるのは、パフォーマーだということに私は気づいた。パイロを使ったり、これでもかというぐらいのビデオ・プロジェクションでわーっとぎゃーとか人を感心させることは出来るが、我々を最も心動かすのは、ステージの上にいる人だ。人と人の繋がりは、世界にあるどのギミックや仕掛けよりも、重みがあるしエモーショナルでもある。パフォーマーを前に出すことができたら、とても直感的でエキサイティングな繋がりが生まれると感じた」デイヴィッドは、『AMERICAN UTOPIA』のライヴ・パフォーマンスについてそう語っている。

音楽コンサートの範疇を超え、前衛舞台芸術の域にも入りそうな『AMERICAN UTOPIA』のライヴ・パフォーマンスを観た人の中には、「これは絶対ブロードウェイでやるべきだ」とデイヴィッドに進言するものもいたという。ツアーのように会場が変わることがなく、会場ごとに自分たちを合わせる必要がなくなる利点の他、これまでとは全く違う観客を前にするという新たなチャレンジを面白いと感じた彼は、これまでミュージカル作品で2回一緒に仕事をした経験を持つAlex Timbersをプロダクション・コンサルタントとして迎え、ライヴ・コンサートをブロードウェイ・パフォーマンスへと昇華させていった。

こうして完成した『AMERICAN UTOPIA ON BROADWAY』は、Karl MansfieldとMauro Refoscoが音楽監督を務め、Annie-B Parsonが振付とステージングを担当している。また舞台に立つのは、デイヴィッド・バーン本人と、彼とコンサート・ツアーをともにしたミュージシャンたちだ(Jacqueline Acevedo / Gustavo Di Dalva / Daniel Freedman / Chris Giarmo / Tim Keiper / Tendayi Kuumba / Karl Mansfield / Mauro Refosco / Stephane Sun Juan / Angie Swan / Bobby Wooten III)。憧れや苛立ち、願望や恐怖、そして可能性という名の希望…。理想郷へと続く道を示したアルバム『AMERICAN UTOPIA』。そして人によるライヴ・パフォーマンスが作り出す無限大の可能性を見せてくれた本ライヴ・アルバム『AMERICAN UTOPIA ON BROADWAY』――ミュージック・パフォーマンスが辿りついた一つの理想郷がここにある。






★英国を代表するエレクトロ・ポップ・ディオ=ペット・ショップ・ボーイズのニュー・アルバム!!


●PET SHOP BOYS / HOTSPOT 
輸入LP 3,575円(税込) (X2 / X20018VL1 / 5056167118060)


英国を代表するエレクトロ・ポップ・ディオ=ペット・ショップ・ボーイズのニュー・アルバム『ホットスポット』!

英国を代表する唯一無二のエレクトロ・ポップ・デュオ=ペット・ショップ・ボーイズ。今年4月に約19年ぶりとなる単独来日公演を敢行し、日本のファンを大熱狂・大興奮の渦に巻き込んだ彼らの通算14作目となるオリジナル・アルバム『ホットスポット』(原題『Hotspot』)が来年1月24日に全世界同発売される。

2016年発売のアルバム『スーパー』から約3年9か月ぶりとなる新作アルバムとなる。ニール・テナント(ヴォーカル)とクリス・ロウ(キーボード)は新作アルバムのレコーディングをベルリンと米ロサンゼルスにて敢行。プロデューサーにはグラミー賞受賞者であり、マドンナやザ・キラーズ、さらに彼らの直近の2枚のアルバム(2013年発売『エレクトリック』と2016年発売『スーパー』)を手掛けた敏腕プロデューサーのスチュアート・プライスを迎えている。またベルリンではデヴィッド・ボウイやU2、イギー・ポップらがレコーディングを行った名門スタジオのハンザ・スタジオで行っており、彼らは「この10年間ベルリンで作詞作曲をすることが多いんだけれど、名門スタジオでレコーディングをするというエキサイティングな経験ができたんだ。その奥深いサウンドを是非ファンのみんなに早く体感してほしいよ」と語っている。





★80's UKインディー・ポップ・バンドの伝説的存在、East Villageの『Hotrod Hotel』が初アナログ盤リリース!


●EAST VILLAGE / HOTROD HOTEL (LP) 
輸入LP 2,860円(税込) (SLUMBERLAND / LP-SLR-241 / 0749846024114)


80's UKインディー・ポップ・バンドの伝説的存在、East Villageが1994年にリリースしたシングル・コンピ・アルバム『Hotrod Hotel』がSlumberland Recordsから初アナログ盤リリース!

■限定盤

Martin KellyとPaul Kellyの兄弟によって1986年に結成され、1991年の解散までシングル・リリースのみでアルバムを残すことが無かった(解散後の1993年にアルバム『Drop Out』をリリース)ことで、半ば伝説化されることになったUKの人気インディー・ポップ・バンド、East Village。
2018年にUKレーベル"Optic Nerve"からリイシューされた限定7インチがあっという間に完売となったことも記憶に新しいですが、彼らがSub Aqua, Heavenly, Summershine等のレーベルからリリースしていたシングルを集め、1994年にSummershineからリリースされたコンピレーション・アルバムが初アナログ盤化となります!!限定盤です!






★鬼才マルチ・メディア・アーティストJesse Kanda衝撃の音楽家デビュー・アルバムが完成!!


●DOON KANDA / LABYRINTH (LP) 
輸入LP 2,915円(税込) (HYPERDUB / HDBLP044 / 5055869592703)


Bjork、Arca、FKA twigsのヴィジュアルを手掛け、ゼロ年代のChris Cunninghamとも謳われる鬼才マルチ・メディア・アーティストJesse Kanda衝撃の音楽家デビュー・アルバムが完成!!

Bjork、Arca、そしてFKA twigs作品におけるモダン・ゴシックで超現実主義なアートでゼロ年代の音楽シーンに強烈なインパクトを残したJesse Kandaが2017年に起動した音楽プロジェクトDoon Kanda待望のデビュー・アルバムがリリース!アナログ盤も即完した「Heart」(2017)、「Luna」(2018)のEP2作品に続く本作は、 2018年の夏から2019年の春にかけてロンドンとオンタリオで制作され、夢のようでいて、あまりにも鮮烈な地獄から天国へと昇るまでの感情の動線を示す13曲の新曲を収録。デビューEPからの着想を花開かせたゴシック特有のワルツを連想させるリズム・パターンは10ページのアートワークとともに弧を描きながら「Mino」で混沌を極め、「Bunny」で紐解かれる。Dean BluntやJames Ferraro諸作に肩を並べ、ゼロ年代を締めくくる美しきアウトサイダー・ミュージックの咆哮がここにあがる。






★サイケデリック & ガレージィーなフレンチ・インディーロック!!


●EN ATTENDANT ANA / JUILLET (MRTALLIC GOLD VINYL)
輸入LP 2,420円(税込) (TROUBLE IN MIND / TIM151LPC1 / 0630125982440)



フランスはパリを拠点に活動するインディー・ロック・バンド、EN ATTENDANT ANAがTROUBLE IN MIND RECORDSより2ndアルバムをリリース。新メンバーであるギタリストMAXENCE TOMASSOを迎え、半年間掛けてレコーディングされた充実の作品。サイケデリックでガレージーなバンド・サウンドに、清々しい女性ヴォーカルが駆け抜ける、ノスタルジックな音像が◎!STEREOLABや、PASTELSに通ずる魅力を放つ仏インディー注目バンド!





★透明感溢れる珠玉のベッドルームR&B!オケイ・カヤが待望のフル・アルバムをリリース!!


●OKAY KAYA / WATCH THIS LIQUID POUR ITSELF (COKE BOTTLE CLEAR VINYL)
輸入LP 2,530円(税込) (JAGJAGUWAR / JAG352LPC1 / 0656605235257)


透明感溢れる珠玉のベッドルームR&B! NYシンガーソングライター、オケイ・カヤが待望のフル・アルバムをJAGJAGWARからリリース!

■限定コークボトル・クリア・ヴァイナル、ダウンロードコード付き

ノルウェー生まれ、現在はニューヨーク・ブルックリンを拠点とするシンガーソングライター、カヤ・ウィルキンズによるベッドルーム・ポップ・プロジェクトOKAY KAYAが待望のフル・アルバムをリリース。モデルとしての顔も持ち、KING KRULE"SLUSH PUPPY"にもフィーチャー、2019年にJAGJAGUWARと契約を交わし良質なシングルを発表してきた今後の動向も要注意なシンガーソングライター。北海道ニセコ町で撮影されたというミュージック・ビデオも印象的な"ASCEND AND TRY AGAIN"もナイスですが、その良質なポップ・センス、透明感溢れるヴォーカルがどこまでも心地良い"BABY LITTLE TWEEN"が完ぺき!






★2019年リマスター音源によるグレイテスト・ヒッツ・コレクションが2LPアナログ・リリース!


●DAVE CLARK FIVE / ALL THE HITS (2LP)
輸入LP 3,740円(税込) (BMG / BMGCAT408DLP / 4050538514742)



ドラマーのDAVE CLARKを中心にロンドン北部の下町トッテナムで1962年に結成し、63年にデビューを果たしたDAVE CLARK FIVE。

64年にリリースした"GLAD ALL OVER"がBEATLESの"I WANNA HOLD YOUR HAND"を蹴落とす形で全英ナンバー1を獲得したことにより、BEATLESのライバルと目されるようになった彼ら。アメリカ・ツアーを実現させた初めてのブリティッシュ・バンドとして、BEATLESに次いでカーネギー・ホールで公演を行い、BEATLESを凌いで15曲連続で全米シングル・チャートのトップ20へ送り込み、またエド・サリヴァン・ショウへの出演回数が最も多い英国のグループの一つとなるなど、アメリカでの人気も爆発。

「DC5」と描かれたプライヴェート・ジェットを所有するほどの成功を収め、そのキャリアの中でトータル1億枚以上のレコード・セールスを誇る彼らの、タイトル通りの決定版ヒット・コレクションが2019年最新リマスター音源で登場です。

テナー・サックスやオルガンをフィーチャーした彼らの洗練されたサウンドは、ソウルやブルースの影響が色濃い同時代のロンドンのバンドのサウンドとも、BEATLESに代表されるリバプール・サウンドとも一線を画するものとしてトッテナム・サウンドとも呼ばれました。彼らにとって初の全英ナンバー1ヒットである"GLAD ALL OVER"はもちろん、"BITS AND PIECES"、"DO YOU LOVE ME"、"CATCH US IF YOU CAN"、"EVERYBODY KNOWS"などなど全英でのヒット曲を中心にした全28曲が選び抜かれています。

ゲートフォールド・スリーヴ装。


※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。


引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DIN191227-015B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008031350B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008027387B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DIN191129-002B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RS20012302B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/AWS191111SUFJANTIMOB29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008035392B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008023213B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008061642B29

--------------------------------------------------
★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118 
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp
▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554 
※携帯電話からは 03-6380-6173 
Comment
Trackback
プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ユニオンレコード新宿 ■営業時間(時短営業)12:00~19:00 ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30