HOME   »   新品レコード新着情報  »  ★Tame Impalaが4thアルバム『The Slow Rush』をリリース! 2/14(金)本日の新入荷新品レコード
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
★Tame Impalaが4thアルバム『The Slow Rush』をリリース!


●TAME IMPALA / THE SLOW RUSH (2LP/RED&LIGHT BLUE VINYL/INDIE EXCLUSIVE) 
輸入LP 4,840円(税込) (INTERSCOPE / 846007 / 0602508460074)



Travis ScottやKanye Westともコラボを行う作詞作曲家/プロデューサーのKevin Parkerを中心としたオーストラリア・パース出身の5人組サイケデリック・ロックバンド、Tame Impalaが4thアルバム『The Slow Rush』をリリース!AORファンも必聴のメロウな仕上がり!

■限定レッド&ライトブルー・ヴァイナル(インディー・エクスクルーシヴ)、180グラム重量盤

2008年、EP『Tame Impala』をリリース後、MGMT等とのツアーを経て、2009年にはアルバム・リリース前ながらもサマーソニックに出演。2010年にデビュー・アルバム『Innerspeaker』をリリースし、世界中のメディアから高評価を得た。2012年リリースの2nd アルバム『Lonerism』ではNME年間ベスト・アルバムランキング1位を飾り、2015年リリースの『Currents』はBRIT AWARDのBest International Groupを受賞、2作続けてグラミー賞にもノミネート。

作詞作曲家/プロデューサーとして、Kevin Parkerは過去にTravis Scott, SZA, レディー・ガガ、マーク・ロンソン、カニエ・ウェスト、Kali Uchis, ミゲル、A$AP Rockyなどともコラボしている。2019年3月に配信されたシングル「Patience」に続いて、ニュー・シングル「Borderline」配信後、コーチェラ、ロラパルーザ、ACL等数々の音楽フェスのヘッドライナーを務める他、全米人気TV番組Saturday Night Liveに出演し、勢力的にワールドツアーで世界中を駆け巡って来た中、4thアルバムのリリースを発表した。

ロサンゼルスとKevin Parker のホームタウンであるオーストラリアはフリーマントルのスタジオでレコーディング。アルバムに収録予定全曲をKevin Parker自身がプロデュースとミックスを手掛けている。
アルバムのジャケットは、フォトグラファーのNeil Krugとのコラボレーションであり、瞬く間に取り囲む環境に吸い込まれる人間性を表現している。






Nujabesやジブリの遺伝子を初期Bonoboが再生したようなチルの新星Kennebecデビュー!!


●KENNEBEC / DEPARTURE (LP) 
輸入LP 3,135円(税込) (NIGHT TIME STORIES / ALNLP58 / 5060391092614)


アーティストが監修を務めるオリジナル・コンピレーション・シリーズで人気を博す〈Late Night Tales〉から派生した姉妹レーベルで、第一弾アーティストのクルアンビンがいきなり世界的ブレイクを果たし、その独特の美学が評価を高めているレーベル〈Night Time Stories〉。

「真夜中に聴きたい音楽」をテーマにしたコンピレーション・シリーズがそうであるように、聴き心地の良さをテーマに様々なスタイルのサウンドを世に送り出してきた彼らが、次にリリースするのは、米オレゴン州ポートランドを拠点に、教師をする傍ら、映像音楽家としても活動するエリック・フィリップスによるプロジェクト、ケネベック。2017年にワシントン州の西部にあるオリンピック半島で過ごしたことをきっかけに、新作の制作に着手し、日本の久石譲やヌジャベス、〈Ninja Tune〉への移籍も話題となったティコらに影響を受けながら、2年をかけてデビュー・アルバム『Departure』を完成させた。

幾重にも重なったシルキーなサウンドの中に、繊細な電子音が溶け込んでいく先行シングル「SeasonsChange」を筆頭に聴くだけでリスナーを優しく包み込んでくれるような本作は、オーガニックなビートと浮遊感あるストリングスが生み出すドリーミーで叙情的なサウンドスケープが素晴らしく、「SeasonsChange」の他にも、魅惑的なストリングスと心地良いビートのレイヤーにホーン・サウンドが響き渡る「Kalahari」、メランコリックで物憂げな「Wellspring」、フルートやサックスが温かなグルーヴを生み出す「Quest」。

ナショナルジオグラフィックで放送される番組や長編映画、短編映画、ドキュメンタリーやゲームなどの作曲を手がけるエリック・フィリップスのプロデューサーとしての確かな手腕が光る一枚となっている





★「ALABAMA SONG」と未発表音源2曲入りのピクチャーディスクEP!!

●DAVID BOWIE / ALABAMA SONG (40TH ANNIVERSARY PICTURE DISC 7")
輸入7" 2,420円(税込) (PARLOPHONE / 190295356286 / 0190295356286)



祝★リリース40周年! いつの時代もスタイリッシュでアーティスティックなデヴィッド・ボウイの姿がピクチャー・ディスクに!! 今回登場するのは、78年のワールド・ツアーで披露され、その後1980年にシングルのみで発表された「ALABAMA SONG」! カップリングには「Joe The Lion」の78年のツアー・ファイナル会場となったアールズ・コートでのサウンドチェック音源と、「Alabama Song」の78年ライヴという、ともに未発表音源を収録!

◆今も尚、音楽のみならず、カルチャーやアート、ファッション・シーンに大きな影響を与え続けているデヴィッド・ボウイ。彼の全キャリアを総括する驚異のボックス・セット・シリーズや、1969年というキャリア初期のボウイの姿を細かく捉えた『CONVERSATION PIECE』など、様々なアーカイヴが紐解かれている中、シリーズとしてリリースされている40周年記念7インチ・ピクチャー・ディスクの最新作がここに登場する!

◆今回リリースとなるのは、1980年2月15日にUKでシングルとしてリリースされていた「Alabama Song」。この楽曲は、ボウイが敬愛するベルトルト・ブレヒトが1925年に執筆したポエムに、クルト・ヴァイルが戯曲「小マハゴニー」用にメロディを付けたもの。以前からブレヒトに魅了されていたボウイは、この曲を1978年のIsolar IIツアーのセットリストに組み込み、披露していたのだ。Isolar IIツアー終了後となる1978年7月にロンドンのソーホーにあるトニー・ヴィスコンティのスタジオ、Good Earth Studiosにて改めてスタジオにてレコーディングし、その後1980年にシングルとしてリリースされた。

◆AA面には、未発表音源2曲が収録されている。まず一曲目は、アルバム『”HEROES"』に収録されている「Joe The Lion」の、78年のIsolar IIツアーの最終日となる7月1日のアールズ・コート公演のサウンドチェック時にレコーディングされていた、ライヴ・サウンドチェック音源。Isolar IIツアー中、リハーサルではこの楽曲をプレイしていたのだが、実際のライヴで披露されたのは、1983年のSerious Moonlightツアーだった。そして二曲目には、「Joe The Lion」のサウンドチェック音源と同日となる7月1日に収録されている、「Alabama Song」のライヴ・ヴァージョンが収録されている。ここに収録されているライヴ音源は、ライヴ・アルバム『WELCOME TO THE BLACKOUT』に収録されている音源とは別のパフォーマンスだ。

◆A面には、Dean Chamberlain撮影による写真が、そしてAA面には、Chris Walter撮影による写真が使用されている。今作もこれまで同様完全生産限定盤!! ! ボウイ・ファンなら必携のコレクターズ・アイテムであること間違いなし!!



★南米コロンビア産の激烈ガレージ・キラー作がまさかのストレート・アルバム・アナログ・リイシュー!!


●FLIPPERS / DISCOTHEQUE (LP) 
輸入LP 2,530円(税込) (MUNSTER / MR403 / 8435008840310)


1966年、世界各地で火を噴いたガレージ・インヴェンションは南米でも多数のヤバいバンドを生み出しました。

コロンビアといえばなんといってもLOS YETISが有名ですが、双璧を成すのがこのLOS FLIPPERS。
この後のアルバムではドロッとした南米サイケを聴かせてくれるのですが、このファーストはストレイト・アヘッドなダンスパーティー向けの激フラット・ロック満載。はっきり言って超名盤です。
B面頭の"DANZA GO-GO"でぶっ飛んで欲しい。インストなのに明らかに英語とは違う言語のグルーヴをビンビンに感じる癖の強すぎる演奏!無感情にリフだけを叩きつける"MASTER FLIPPER"も狂ってます。

南米ガレージは掘りつくされたと思ってる貴方に是非聴いて頂きたい逸品です。


※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。


引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008077595B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DY200120DBB29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008050013B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008065742B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY191212DQ01B29

--------------------------------------------------
★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118 
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp
▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554 
※携帯電話からは 03-6380-6173 






Comment
Trackback
プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
2
16 17
23 25 26 27 28 29
ユニオンレコード新宿 ■営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00) ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29