HOME   »   新品レコード新着情報  »  ★孤高のカリスマ、モリッシーが放つ大胆な挑戦。通算13作目のソロ・アルバム『I AM NOT A DOG ON A CHAIN』入荷!!3/21(土)本日の新入荷新品レコード
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
★孤高のカリスマ、モリッシーが放つ大胆な挑戦。通算13作目のソロ・アルバム『I AM NOT A DOG ON A CHAIN』入荷!!


●MORRISSEY / I AM NOT A DOG ON A CHAIN
輸入LP 3,410円(税込) (BMG/ADA / 5053858940 / 4050538589405)


モリッシー足り得るのは只、モリッシーのみ。 戦慄く唇を震わせ、声を上げよ、手を掲げよ――善人である必要なぞない、鎖に繋がれた犬ではないのだから。 言いたいことが有り過ぎる孤高のカリスマが放つ大胆な挑戦。通算13作目のソロ・アルバム『I AM NOT A DOG ON A CHAIN』完成!

現代英国のアイコンで最も影響力のある一人、一筋縄ではいかない、インスピレーションを想起する、独創性に富んだ、先鋭的で扇動的、 崇拝を集める、歯に衣を着せない、ロマンチスト――モリッシーというアーティストは一つの言葉では到底言い表すことが出来ない。NMEが「史上最も影響力のあるバンド」と評したザ・スミスのヴォーカルにして詩人である彼は、その美学と言動、詞と音楽で、英国音楽シーンのカリスマとして、圧倒的存在感を誇っている。

その他の追随を許さない唯一無比な存在が、新たなるアルバムを発表した。通算13作目のソロ・アルバムとなる本作『I AM NOT A DOG ON A CHAIN』である。プロデュースを務めるのは、フランク・ザッパやザ・ストロークス、ベック、ザ・ホワイト・ストライプスなどの仕事で知られるジョー・チッカレリ。彼は2017年の『LOW IN HIGH SCHOOL』でもプロデュースを手掛けている。レコーディングは、フランスのサン=レミ=ド=プロヴァンスにあるラ・ファブリーク・スタジオ、そしてハリウッドにあるサンセット・サウンドで行われた。
「モリッシーのアルバムをプロデュースするのはこれで4作目となる」そう語るのはチッカレリ。「今作は、これまでの中でもっとも大胆で挑戦的なアルバムだ。彼は再び、歌詞の面でも音楽の面でも、自分の領域を広げた。そしてまた今回も、ソングライターとしても、シンガーとしても唯一無比の存在であることを証明して見せた。実際のところ、モリッシーになれる奴なんかいやしない・・・当のモリッシー本人以外にね!」

アルバムからのリード・シングルとなるのは「Bobby, Don't You Think They Know?」。この曲でモリッシーとデュエットしているのは、1977年に全米No.1ヒット「Don't Leave Me This Way」を世に送り出したモータウン・レジェンド、テルマ・ヒューストンだ。ハモンドが唸るグル―ヴィな曲にパワフルでソウルフルなヴォーカルを添えている彼女は、モリッシーとのコラボレーションについて次のようにコメントしている。
「この業界にいる最も大きな喜びの一つに、他のトップ・アーティストとコラボレーションをする機会を与えられることがある。他の人たちがやっていることに対して自分が何ができるか、その挑戦に立ち向かうのが大好きなの。上手くいくときもあれば、上手くいかないときもある。”Bobby”では、モリッシーの歌と私の歌の融合が本当にうまくいったと思う。そしてMと一緒にスタジオで仕事するのもとても楽しかったわ!」

 先日、UKのHMVで先行発売されていた7インチ・シングル「It's Over」(アルバム『CALIFORNIA SON』からのシングル)が、全英アナログ・シングル・チャートの1位に輝いたばかりのモリッシーだが、新作についてオフィシャル・サイト「Morrissey Central」にこんなコメントを寄せている「最高の形の自分が出ている・・・出来過ぎなぐらいにね・・・・最高の作品として評されるにはあまりにも純粋だ」







★『明日に架ける橋』のリリース50周年を記念してゴールド・ヴァイナル仕様&日本語帯付きでアナログ再発 ! 


●SIMON AND GARFUNKEL / BRIDGE OVER TROUBLED WATER (50TH ANNIVERSARY GOLD VINYL)
輸入LP 4,180円(税込) (COLUMBIA/LEGACY / 1943972377 / 0194397237719)


『明日に架ける橋』(原題:Bridge Over Troubled Water)のリリース50周年を記念してゴールド・ヴァイナル仕様&日本語帯付きでアナログ再発 ! 70年に発表されたSIMON AND GARFUNKEL最後のオリジナル・アルバム。全米チャート10週連続1位、グラミー賞受賞、全米だけで500万枚以上売った音楽史上に輝く不朽の名作。2人にとって最大のヒット・シングルとなったタイトル・トラック"BRIDGE OVER TROUBLED WATER"、ニューヨークで奮闘する青年を描いた歌詞が当初DYLANに対するあてこすりとも噂されたPAULの自伝的フォーク・バラッド"THE BOXER"、のちのPAULのワールド志向の原型ともいえるアンデスのフォルクローレを元にした"EL CONDOR PASA (IF I COULD)"、アップビートな"CECILIA"にロックンロールする"BABY DRIVER"、ライヴ録音によるEVERLY BROTHERSカヴァー"BYE BYE LOVE"、当時多忙で不在がちなARTに向けたメッセージ・ソング"THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK"などなどなど、ロック、ポップス、R&B、カントリー、ゴスペル、南アメリカ、ジャズ等をS&G流に纏め上げ、とてもパーソナルに普遍的に、リリカルにかつミュージカルに完璧なスタイルを完成させたポップス史上最高のデュオの最後にして最大の遺産となる作品です。



★究極の14トラック! 50周年記念傑作「SOUL SIDE OF TOWN」と対をなす重要作。半世紀に渡る活動が生んだグルーヴとソウルが炸裂!!


●TOWER OF POWER / STEP UP(LP)
輸入LP 5,390円(税込) (ARTISTRY MUSIC / ART7067LP / 0181475706717)


<<宇宙最高のファンク・バンド>>究極の14トラック! 50周年記念傑作「SOUL SIDE OF TOWN」と対をなす重要作。半世紀に渡る活動が生んだグルーヴとソウルが炸裂!
リズム・セクションはロッコとガリバルディ!

2018年、バンド結成50周年の年に満を持して発表された前作「SOUL SIDE OF TOWN」は、正に快作であった。オリジナル楽曲を収めたアルバムとしては実に15年振りの作品であり、更にはストリングスやコーラスも配したアレンジと、見事なまでのサウンド・プロダクションは多くのファンを喜ばせたのだった。そして、その発売前の数年間にわたって、日本公演の度にリーダーのエミリオ・カスティーヨが「オレ達が今作っているアルバムは『マイケル・ジャクソン方式』で、多くの曲をレコーディングし、その中から最高な曲を最高な順番で並べたモノになる」と言っていたが、2018年、遂に発売されたのが「SOUL SIDE OF TOWN」だったのである。

 で、今回発表になる新作「STEP UP」。これが、「前作の残り曲」を集めたモノなのかと言えば、違う。断じて、違う!こちらも、もう見事な出来上がりの曲とプレイとが並んでいるのである。前作と同時期に録音されている訳で、同じくストリングスやコーラスも配され、サウンドは高いクォリティが保たれ、非常に満足度の高い作品となっている。アルバムの冒頭とエンディングには、前作と同じようなタイトルの曲が収められているが、全くの別テイク。そして他の12曲も、堂々たる出来上がりのナンバーが並ぶ。そう、これは大傑作であった「SOUL SIDE・・・」と並ぶ、いわば「ツイン・アルバム」なのだ。

 アルバムを聴いて最初に頭に浮かぶ言葉は、間違いなく、「自信」である。「オレ達は半世紀もやり続けてきた。その結果がこの音だ」とでも言うべき自信に満ち溢れた音が聴こえてくるのである。オリジナルである4人、エミリオとスティーブン"ドク"クプカ、デヴィッド・ガリバルディにフランシス"ロッコ"プレスティアもここで健在だ。そして、ヴォーカル以外は結構在籍年月も長くなってきた他のメンバー達からも、自信と誇りに溢れたプレイが聴かれるのである。これは、本当に嬉しいこと。そして我々ファンにとっては、何より彼等からの「プレゼント」である。

 彼等の「第一期黄金時代」は、確かに1970年代であった。「冬の時代」であった80年代をやり過ごし、再び「黄金時代」となったのは80年代最後期から。以来、それなりのメンバー・チェンジはあったものの、ほぼ現在のメンバーに落ち着いてからは20年程も経つ。その後の替ったメンバーは、ヴォーカルとギター、そして片方のトランペットだけ。こんな奇跡のようなバンドが満を持して放つ「第二弾」が、本作「STEP UP」なのである。そして、世界中のミュージシャン達が尊敬してやまない存在である彼等が、自分たちの半世紀に及ぶ歴史を誇りに、創り上げた楽曲の集大成が。この「STEP UP」なのだ!

メーカーインフォより



※店舗受取サービスはディスクユニオン・メンバーズ限定のサービスとなります。


引用元: https://diskunion.net/
https://diskunion.net/portal/ct/detail/DIN200131-008B29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/RY200131SGB29
https://diskunion.net/portal/ct/detail/1008080829B29


--------------------------------------------------
★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118 
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp
▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554 
※携帯電話からは 03-6380-6173 
Comment
Trackback
プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ユニオンレコード新宿 ■営業時間(時短営業)12:00~19:00 ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30