HOME   »   新品レコード新着情報  »  ★2/18(月)新宿合同「新品輸入品お買い得DAY」開催致します!!
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加

★2/18(月)新宿合同「新品輸入品お買い得DAY」開催致します!!

●開催日時●

2/18(月) 1日限定!!

●セール内容●
新品輸入品 2点お買い上げ毎に ⇒ 500円OFF!!
※2点、4点、6点 と 2点毎の値引きとなります

●当フロアお薦め盤●

当店オールジャンルの定番アイテムに加え、
スタッフのオススメする当店にしかないコアなアイテムも取り揃えております!!

●2019年1月度販売ランキング●




●DEERHUNTER / WHY HASN'T EVERYTHING ALREADY DISAPPEARED? (LP/GRAY VINYL) 輸入LP 2,862円(税込) (4AD / 4AD0089LP / 0191400008915)

シューゲイザーやドリームポップを軸に60'sサイケ、クラウト・ロックからオルタナ、テクノ、さらにはブルースといった幅広いジャンルの要素を含みつつ、内省的なグルーヴに昇華していく美しい比類なきサウンドで、今やレーベル"4AD"を代表するバンドでもあり、USインディー・シーンの最重要バンドでもあるDEERHUNTERが約3年ぶり8作目となるアルバム『WHY HASN'T EVERYTHING ALREADY DISAPPEARED?』をリリース!

■初回限定グレー・ヴァイナル

ディアハンターが新たに完成させたのは現在についてのSFアルバムだ。今それは必要とされているのか?それは現実の問題に直結するのか?ダダイズムは戦争の恐ろしさに対する反応だった。パンクはスローで空っぽな70年代に対する反応だった。ヒップホップは、主にアフリカ系アメリカ人がする経験について提示されていたイメージに挑んだ、解放された音楽カルチャーだった。今日のポピュラー音楽は、何に対する反応なのだろう?

07年の『Cryptograms』で高い評価を受けた後、〈4AD〉からリリースされた08年の3rdアルバム『Microcastle』と10年の4thアルバム『Halcyon Digest』が、国内外の年間ベストアルバムを総なめにする大ヒットを記録、今やレーベルの顔となった米アトランタ出身の4人組ロックバンド、ディアハンターが、3年振り8枚目となる待望の最新アルバム『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』を来年1月18日 (金) にリリース決定!直後には、アルバムをひっさげての初パフォーマンスがここ日本で実現!ギャング・ギャング・ダンスと共に、東名阪を巡る来日ツアーが決定している。
アルバムの発表に合わせて、早速アルバムのオープニング曲「Death In Midsummer」が解禁された。

「Death in Midsummer」の冒頭で聴こえるハープシコードとピアノの音からは、このアルバムがどこで誕生したのかを特定するのは不可能だろう。続く2曲目の「No One’s Sleeping」は、イーノがベルリンでプロデュースしたキンクスの1977年の録音セッションからのアウトテイクのようにも聴こえる。だがノスタルジアという有毒なアイデアにむしろ辟易している彼らは、マイクやドラム、ハープシコード、電気機械的で人工的なキーボードの音作りにあえて革命的なアプローチを試みた。残されたギターも、アンプやヴィンテージ機材の温かみを一切加えず、全て純粋にむき出しのまま、ミキシングデスクに直刺しさせられたのだ。結果として誕生した『Why Hasn’t Everything Already Disappeared?』は、彼らの15年間のキャリアの中でも類を見ないほどスリル満点で予測不可能、彼らが更なる高みに達したことを示す最高傑作と言えるだろう。
本作のプロデュースは、ディアハンターに加えて、ウェールズ出身のシンガーソングライター、ケイト・ル・ボン、ナールズ・バークレイやアニマル・コレクティヴを手がけたベン・H・アレンIII、前作にも携わったベン・エッターが手がけている。

輸入盤LPは初回プレスのみグレー・ヴァイナル仕様!
また、12月にはヴェルヴェット・アンダーグラウンドとマイブラッディ・ヴァレンタインの交差点にして、ゼロ年代インディロック最重要作のひとつ、『Microcastle / Weird Era Cont.』の発売10周年記念盤もリリースされます!





●MAC DEMARCO / HARUOMI HOSONO / HONEY MOON (7"/HONEY YELLOW VINYL) 輸入7" 1,944円(税込) (LIGHT IN THE ATTIC / LITA45-038 / 0826853453875)

USシアトルのレーベルLight In The Atticが送る"Light In The Attic Covers Series”!カナダ出身の脱力系SSW、マック・デマルコが以前より影響を公言し続けていた細野晴臣とのスプリット7インチをリリース!細野晴臣の楽曲をマックが日本語でカヴァー!!

2018年1月に行われた来日公演やフジロックでのライブも大好評だったカナダ出身の脱力系SSWマック・デマルコ。

インタビューで影響を公言したり、最新アルバム『This Old Dog』ではアートワークに"YMO"というワードを忍ばせ、サンクス欄にまで名前を記載するほどのアイドル的存在である細野晴臣とのスプリット7インチをリリース!!

A面には細野晴臣が1975年にリリースしたアルバム『トロピカル・ダンディー』収録の「HONEY MOON」のマックによるカヴァーを収録!なんと、オリジナルの日本語詞そのままの日本語カヴァー!B面には細野晴臣のオリジナル・ヴァージョンを収録しています。

「僕が19ぐらいの頃から音楽を作り続けている大きな理由こそが、ホソノだったんだ」(マック・デマルコ)





●SNAIL MAIL / HABIT (12") 輸入12" 2,160円(税込) (SISTER POLYGON / SPR017LP / 0619960740750)

あまりにも瑞々しいUSローファイ・ロックの神童、SNAIL MAIL。2018年の初来日公演もチケットは完売、賞賛を浴びたことも記憶に新しいですが、彼女が2016年に若干16歳で地元のパンク・レーベルSister Polygon RecordsからリリースしたEP作品『HABIT』の12インチ・アナログ盤が待望のリプレス!

●開催店舗●
★ディスクユニオン新宿
3F:プログレッシヴロック館
4F:ラテン・ブラジル館
5F:ロックCDストア RENEWAL OPEN!
6F:インディ・オルタナティヴ・ロック館
7F:パンクマーケット


★ユニオンレコード新宿

★新宿ジャズ館
★新宿ソウル・ダンスミュージックショップ

★新宿ロックレコードストア

★シネマ館
★新宿HEAVY METAL館
★新宿クラシック館
Comment
Trackback
プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
7
14
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
ユニオンレコード新宿 ■営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00) ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30