HOME   »   新品レコード新着情報  »  ★ダブリン出身の5人組、THE MURDER CAPITALが、遂にデビュー・アルバムをリリース!8/21(水)本日の新入荷新品レコード
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
★ダブリン出身の5人組、THE MURDER CAPITALが、遂にデビュー・アルバムをリリース!


●MURDER CAPITAL / WHEN I HAVE FEARS (LP) 輸入LP 2,862円(税込) (ADA / 5000771520 / 0850007715205)

光と闇が織りなす美しきカオス...80年代にマンチェスターやリヴァプールで勃発したポスト・パンク・ムーヴメントの流れを現代に蘇らせ、耽美的でありながら破壊的に現代社会の問題を提起する、次なるグレイト・パンク・バンドがダブリンの街から登場する。ライヴ活動のみでアイルランドからイギリスへとその名前を広めていった、ダブリン出身の5人組、THE MURDER CAPITALが、遂にデビュー・アルバムをリリース!

 ■ダウンロードコード付き

「もし君がポスト・パンクのブルータリティと反体制的な姿勢にはまっているのならば、このザ・マーダー・キャピタルは君の欲望を満たしてくれるバンドだ。決して見逃すことは出来ないレベルの恍惚状態へと聴く者を誘う、奇妙なエンターテインメント性を持つバンド、それがこのザ・マーダー・キャピタルなのだ」 ─ NME 

「アイルランドが生んだ新たなベスト・ニュー・バンド」 ─ THE IRISH TIMES 

「物おじせず、正直で、癖のあるバンド...、ダブリンの街角から登場した次なるパンク・バンドに期待する全てがここにある。ザ・マーダー・キャピタルは、目標を見据え、その目標を蹴散らし、更なる高みへと登っていくバンドだ」 ─ DISCOVERY

NME誌の「100 Essential New Artists for 2019」に選出され、地元アイルランドのThe Irish Times紙からは「アイルランドが生んだ新たなベスト・ニュー・バンド」と称される、ダブリン出身の5人組、ザ・マーダー・キャピタル。ジョイ・ディヴィジョンやニュー・オーダー、エコー&ザ・バニーメンといったアーティストに影響を受け、あの耽美なる世界観と攻撃性に満ちた歌詞を現代に蘇らせ、今最も熱い注目を集める彼らが、今ここにデビュー・アルバム『WHEN I HAVE FEARS』を完成させた...! 

結成以降、音源を発表することなくひたすらライヴ活動を続け、そのライヴを観た人達の口コミで彼らの名はアイルランドはもちろん英国にまで響き渡り、音楽ファンはもちろんのことメディアをも巻き込んで「まだ見ぬ大物」として語られてきたこのザ・マーダー・キャピタル。2018年5月に、ライヴ・セッションの模様をYouTubeで公開し、その力強いパフォーマンスとポスト・パンク的なサウンド、そしてロウ・ヴォイスで生々しく響くヴォーカル・ワークでさらに大きな注目を集めていった彼らは、2019年にようやくシングル「Feeling Fades」をリリース、その後「Green & Blue」、「Don't Cling To Life」と続けて音源を発表してきた。

音源をリリースする毎に、その独自の世界観とサウンドスタイルで多くの音楽ファンを魅了してきた彼らが、遂に待望のフルレングス・デビュー・アルバム『WHEN I HAVE FEARS』を完成させた! PJハーヴェイやニュー・オーダー、フォールズなどを手掛けるFLOODをプロデューサーに迎え、彼らのダークで耽美的な世界観を見事にサウンドに封じ込めたこのデビュー・アルバムは、彼らのライヴを体験しその魅力に既に飲み込まれてしまった人達はもちろん、噂だけは耳にしているリスナーから、彼らのことを全く知らない世界のロック・ファンをも虜にする力強い魅力にあふれている。

痛みを経験したものだからこそ分け与えられる優しさ、現実を知っているものだからこそ語る事の出来るリアルな物語、混沌とした闇の中に表われる一筋の光...、怒りや痛み、優しさや美しさをそのサウンドの中に封じ込め、生々しい感情を迸らせるこのザ・マーダー・キャピタル。4月に開催されたUKツアーをソールド・アウトにし、10月からはUK、アイルランド、そしてヨーロッパを周るツアーが決定しており、彼らのサウンドがより大きな舞台で鳴り響いていくことになるのだ。 







★72年3RDがパープル&ソリッド・レッド・ミックス・ヴァイナル仕様で180グラム重量盤アナログ・リイシュー!


●TODD RUNDGREN (& UTOPIA)  / SOMETHING/ANYTHING? (COLORED 180G 2LP) 輸入LP 3,888円(税込) (MUSIC ON VINYL / MOVLP2502 / 8719262011175)

過去2作のRUNTの編成を解き、ほとんどの楽曲で1人で演奏した多重録音作品。まさしくポップ職人としてのマルチな才を世に知らしめた70年代を代表するマスター・ピースです。オリジナルD面のポップ・オペラ組曲の数曲で、RICK DERRINGER、BILLY MUNDI、MOOGY KLINGMAN、AMOS GARRETT、BUTTERFIELD BLUES BANDのBUGSY MAUGHとGENE DIDWIDDIE、THE HUNT BROTHERS、RICK VITO、JIM HORN、BRECKER BROTHERSら友人の助けを少し借りたほかは全セッションの3/4をワンマン・バンドとして録音し、エンジニアもTODD自身と、初期作品にしてまさしく彼のキャリアを代表する最高傑作との呼び声高い名盤に仕上がっています。

CAROLE KINGトリビュートなメロディック・ポップ・ロック傑作"I SAW THE LIGHT"、フィリー・スタイルのソウル・バラッド"IT WOULDN'T HAVE MADE ANY DIFFERENCE"に、ビートレスクなポップ・ロック"COULDN'T I JUST TELL YOU"、モータウンな"WOLFMAN JACK'"に、エヴァー・グリーンなヒット・チューン"HELLO, IT'S ME"、ヘヴィ・メタルな"BLACK MARIA"に、ジャズ・ロック・フュージョンな"BREATHLESS"などなど、面を追うごとにポップからヘヴィーに、そして複雑に展開。ヴァラエティに富んだ楽曲群を大ヴォリューム2枚組で構成し、そのか細いヴォーカルが映えるよう計算されつくした宝石のような楽曲の数々は今でもポップス史に燦然と輝き続けています。

8ページ・インサート。1000枚限定盤。
--------------------------------------------------
★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp

▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554
※携帯電話からは 03-6380-6173

Comment
Trackback
プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
10 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ユニオンレコード新宿 ■営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00) ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30