HOME
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
4

★STONES未発表蔵出しライヴ音源アーカイヴ『FROM THE VAULT』シリーズから99年サンノゼ公演が3LPリリース!


●ROLLING STONES / FROM THE VAULT: NO SECURITY - SAN JOSE 1999 (3LP) 輸入LP 5,184円(税込) (EAGLE ROCK / 041-6872)

98リリースのライヴ盤『NO SECURITY』のサポートとして99年1月から行われた「NO SECURITY TOUR」より、4月19日と20日、北米での最終公演地となったサンノゼでのステージを収録。比較的小規模なアリーナを回った同ツアーの模様は、これまでオフィシャルに発売や放送されたこともなく、ファンには嬉しいパッケージ化となります。
過度な仕掛けや演出を排し、音楽そのものに特化したパフォーマンスは小会場ならでは。65年以来の来訪となった同地では、2夜連続公演を実施。観客との距離もグッと近い距離感の中で、"JUMPIN' JACK FLASH"、"HONKY TONK WOMEN"、"BROWN SUGAR"といった定番曲の他、当時の最新作だった97年作『BRIDGES TO BABYLON』からのナンバーに、このツアーで初登場となった"SOME GIRLS"、"YOU GOT THE SILVER"、"SAINT OF ME"をはじめとするレア曲も多く含んだ幅広い年代のセット・リストを披露しています。



★幾多の苦難の末に制作された前作から、わずか1年半!エクスペリメンタル・ロック・バンド、DIRTY PROJECTORSが早くも新作『LAMP LIT PROSE』をリリース!カラーヴァイナル(ブルー or レッド・カラーヴァイナル)とブラック・ヴァイナルの2形態!!!


●DIRTY PROJECTORS / LAMP LIT PROSE (LP/180G) 輸入LP 3,672円(税込) (DOMINO RECORDINGS / WIGLP392)

■180g重量盤レコード、ブラック・ヴァイナル、アルバム音源ダウンロードコード付

●DIRTY PROJECTORS / LAMP LIT PROSE (LP/180G/BLUE OR RED VINYL) 輸入LP 3,888円(税込) (DOMINO RECORDINGS / WIGLP392X)

■初回生産限定180gブルー or レッド・カラーヴァイナル、アルバム音源ダウンロードコード付

※ジャケットへの記載は"COLOURED VINYL"のみとなっており、ブルー・ヴァイナルとレッド・ヴァイナルをお選び頂くことはできません。ランダムでの出荷となります。

幾多の苦難の末に制作された前作から、わずか1年半!エクスペリメンタル・ロック・バンド、DIRTY PROJECTORSが早くも新作『LAMP LIT PROSE』をリリース! ”ダーティー・プロジェクターズ・ビッグ・バンド”とでも呼ぶべき過去最高にアップリフティングなサウンド! ロスタム(ex.VAMPIRE WEEKEND)、ロビン・ペックノルド(FLEET FOXES)、シド(THE INTERNET)、アンバー・マークなど豪華ゲストが参加!フジロックフェスティバル2018にも出演!
2002年に結成。今まで7枚のアルバムをリリースし、Hostess Club Weekenderやフジロック、朝霧ジャム等の日本のフェスにも数多く出演してきたDIRTY PROJECTORS。
前作は中心人物であるデイヴ・ロングストレスが、バンドメンバーが去り、失恋を経験し、失意の中で実質ソロ作品として制作。そんな前作では、ソランジュやタイヨンダイ・ブラクストンと共にインディー・ロック、R&B、エレクトロニックなどジャンルの枠を超えた内容の大傑作を作り上げたが、今作ではこれまでのDIRTY PROJECTORSの歴史を踏襲しつつも、ソングライティング、プロダクションなどの面で新たな境地に達し”ダーティー・プロジェクターズ・ビッグ・バンド”とでも呼ぶべき過去最高にアップリフティングなサウンドが誕生!
更に今作にはロスタム(ex.VAMPIRE WEEKEND)、ロビン・ペックノルド(FLEET FOXES)、ODD FUTUREが誇るメロウ・ソウル・バンドのヴォーカリスト=シド(THE INTERNET)、エレクトロポップ女性SSW=エンプレス・オブ、ベルリンの新鋭R&Bシンガー=アンバー・マークなど豪華ゲストも参加。
ライブには新たなバンドメンバーも加わり、約5年ぶりとなる来日公演をフジロック・フェスティバルでを行うことも決定している。

■バイオグラフィー
米NYはブルックリン出身のバンド。2002年にデイヴ・ロングストレス(Vo, G)が中心となりバンドを結成。現在までに7枚のスタジオ・アルバムを発表。英移籍後初めて発表した2009年の5作目『ビッテ・オルカ』が年間ベスト・アルバムを総なめにし、本格的にブレイク。2011年、ビョークとのチャリティー・コラボ作品 『マウント・ウィッテンベル・オルカ』も話題となった。2012年に『スウィン グ・ロー・マゼラン』をリリースして、朝霧ジャムとヘッドラインツアーで来日し、2013年にはHostess Club Weekenderでヘッドライナーを務めた。昨年、約4年ぶりとなる7枚目のアルバムをリリース。そしてわずか1年半で新作『ランプ・リット・プローズ』をリリース予定、またフジロック・フェスティバルに出演することも決定している。




★英雄の軌跡!2007年にリリースされたTHE LIBERTINESのベスト盤がオリジナルと同様レッド・ヴァイナル仕様でリプレス!


●LIBERTINES / TIME FOR HEROES - THE BEST OF THE LIBERTINES (LP/RED VINYL/LTD) 輸入LP 2,592円(税込) (ROUGH TRADE / )

こちらの商品は同一バーコードでオリジナル盤が存在します。中古品をお買い上げの際は特記事項をご確認の上お買い求めください。

■限定レッド・ヴァイナル

2000年代UKロック・シーンを席巻し嵐のごとく駆け抜けたバンド、ザ・リバティーンズによるベスト・アルバムのアナログ盤が、当時のレッド・ヴァイナル仕様の数量限定で待望のリプレス決定!ピーター・ドハーティとカール・バラーという2人のカリスマを擁し鮮烈なデビューでその後、数多くのバンドへ多大なる影響を与えた伝説の存在。そんな彼らの栄光の軌跡が詰まった本作は、2002年の1st『リバティーンズ宣言(Up The Bracket)』と、UKチャート1位に輝いた2004年の2nd『リバティーンズ革命(The Libertines)』から選りすぐりの楽曲に加え、当時7インチシングル等でリリースされライヴでも特に人気の高かった、貴重な音源の「What A Waster」や「Don't Look Back Into The Sun」も収録した永遠のマスターピースとなる1枚。




★MELODY'S ECHO CHAMBERのギタリストとしても知られるパブロ・パドヴァーニ率いるフレンチ・ポップ・バンド、MOODOIDが2ndアルバム『CITE CHAMPAGNE』をリリース!


●MOODOID / CITE CHAMPAGNE (2LP+CD) 輸入LP 3,888円(税込) (BECAUSE / HSUJ10204)
MELODY'S ECHO CHAMBERのギタリストとしても知られるパブロ・パドヴァーニ率いるフレンチ・ポップ・バンド、MOODOIDが2ndアルバム『CITE CHAMPAGNE』をリリース!サマーソニック2018、MIDNIGHT SONIC(東京公演)に出演決定! 水曜日のカンパネラの新EP『ガラパゴス』(6/27発売)収録楽曲「マトリョーシカ」にフィーチャリングされた事も話題に!自身のアルバムにも水曜日のカンパネラとのコラボレーション曲「Langage」を収録!

■LPと同内容のCD付!

地元フランスのみならず世界でブレイクが期待されるパブロ・パドヴァーニが率いるフレンチ・ポップ・バンド=ムードイド、待望の2ndアルバム!既に今年のサマーソニック出演が決定しており、更にアルバムには水曜日のカンパネラとのコラボレーション曲「Langage」を収録!水曜日のカンパネラの新EP『ガラパゴス』(6/27発売)収録楽曲「マトリョーシカ」にもフィーチャリングされているムードイド、大注目のアルバムが遂にリリース!
ムードイドはメロディーズ・エコー・チェンバーのギタリストとしても知られる パブロ・パドヴァーニが率いるフレンチ・ポップ・バンド。テーム・インパラの ケヴィン・パーカーがミックスしたデビューEP『Moodoid EP』(2013年)をリリー スすると翌、2014年にデビュー・アルバム『Le Monde M??』をリリース。NME誌 に「慣習の敵対者」と評される独自の煌びやかなポップ・サウンドで地元フラン スのみならず全世界から注目を集めました。昨年末にリリースした『Reptile EP』でも盟友、ケヴィン・パーカーがミックスを担当、ネオンが溢れる日本への 憧れを描いたエレクトロ・ハウス・トラック「Plan?te Tokyo」がヒット中!
ムードイドは8月18日(土)の夜に繰り広げられるサマーソニックの深夜のステージ、MIDNIGHT SONIC(東京公演)にスパークス、ウルフ・アリス、水曜日のカンパネラなどと共に出演する事が決定!

■バイオグラフィー:
ムードイドはメロディーズ・エコー・チャンバーのギタリストとしても知られるパブロ・パドヴァーニが率いるフレンチ・ポップ・バンド。テーム・インパラの ケヴィン・パーカーがミックスしたデビューEP『Moodoid EP』(2013年)をリリー スすると翌、2014年にデビュー・アルバム『Le Monde M??』をリリース。NME誌 に「慣習の敵対者」と評される独自の煌びやかなポップ・サウンドでフランスの みならず全世界から注目を集める。2017年末にリリースした『Reptile EP』でも 盟友、ケヴィン・パーカーがミックスを担当、ネオンが溢れる日本への憧れを描 いたエレクトロ・ハウス・トラック「Plan?te Tokyo」がヒット。
メンバー:クレメンス・ラズミ(B)、ルーシー・ドロガ(Key)、ルーシー・アントゥネス (D)、 モード・ナダル(G)






★英国のキラ★メキ・ドリーム・バンド 輝きを増すポップ・サウンド!


●VAMPS (UK) ヴァンプ / NIGHT & DAY (DAY EDITION) (2LP) 輸入LP 4,104円(税込) (EMI / 6763066)

初の全英1位を獲得した前作『ナイト&デイ(ナイト・エディション)』の続編となる1年ぶり4作目
★2枚組LP
■The Vamps:それぞれ英国内の異なる地域出身で、YouTubeにアップした宅録デモを介して仲間となった(当時)ティーンエイジャーの4人が結成したバンド。2013年マクフライのアリーナ・ツアーのサポート・アクトとして初ライヴ。同年9月デビュー・シングル「キャン・ウィー・ダンス」リリース、全英チャート2位。続くシングル「ワイルド・ハート」は3位、2014年4月(日本盤は5月)リリースのデビュー・アルバム『ミート・ザ・ヴァンプス』は2位を獲得。アルバム収録の「サムバディ・トゥ・ユー」にデミ・ロヴァートを迎えたシングルは4位。2015年2月にはZepp東京で1日限りの来日公演を行い、チケットは完売。その後も世界の大会場でライブを続け、レーベルを立ち上げて新人バンドのザ・タイドを見出しデビューさせた。11月にはセカンド・アルバム『ウェイク・アップ』がリリース。2016年2月、2回目の来日公演(国際フォーラムホールA)。11月、トロピカル・ハウスの人気プロデューサーであるマトマ(Matoma)とコラボしたシングル「オール・ナイト」をリリース、世界で4億回を超えるストリーミング再生回数を記録する大ヒット・シングルに。2017年4月、EDMのDJマーティン・ジェンセンとコラボしたシングル「ミドル・オブ・ザ・ナイト」もストリーミング再生回数が1億回を超える大ヒットに。7月サード・アルバム『ナイト&デイ(ナイト・エディション)』リリース、ザ・ヴァンプス初の全英アルバム・チャート1位を獲得。10月には3回目の来日公演を行い、初の大阪公演も行った(Zepp Tokyo 2公演+Zepp Bayside)。大阪公演の前夜には「パーソナル feat. マギー・リンデマン」のリリース記念facebook Liveが大阪から世界に生配信された。2018年4月~5月UK&ヨーロッパ・ツアー(UKはアリーナ13公演)。7月『ナイト&デイ(ナイト・エディション)』の続編となる4thアルバム『ナイト&デイ(デイ・エディション)』リリース。
■本作:1年ぶりのニュー・アルバム。“ナイト・エディション”と題された前作の続編となるこの“デイ・エディション”では、そのサウンドが確立し、輝きとシャープさを増した
ザ・ヴァンプスならではのポップスを展開している。
■シングル「Hair Too Long」のMV: https://www.youtube.com/watch?v=pF4dtuJARGE
■シングル「Personal feat. Maggie Lindemann」のMV:https://www.youtube.com/watch?v=fzA6VoZCZlI
<メーカーインフォより>



★NEON FINGER待望の新作はバレンシア出身のトラックメイカーBEATHのフルアルバム! ジャケットは日本人イラストレーターYOKO HONDA!


●BEATH / DREAM FROM LAST NIGHT(LP) 輸入LP 2,484円(税込) (NEON FINGER / NF08)

今年に入ってからも飛ぶ鳥を落とす勢いで頻繁にリリースを重ねているNEON FINGER。新作はスペイン-バレンシア出身のBEATHのニューアルバム!

先日NEON FINGERからリリースのWE LOVE YOU ROGERにもBEATHのトラックが収録されているし、2016年には同じスペインのSLEEPERS RECORDZからカセットのリリースも行っておりアンテナ高めのリスナーにはすでにおなじみの人物。今作ではよりスムースでトロピカルな夢遊感たっぷりのモダンファンクで仕上げてくれています。

あわーいピンクのアルバムアートワークには昨年のTHELMA HOUSTONのキラーAOR、SUMMER NIGHTSのジャケットも手掛けたYOKO HONDAさんを起用。まさに内容のイメージとぴったりなすばらしいジャケット!



★エチオピークス・シリーズの最新作!、フランスのエチオ・パンク・バンドのユーカンダンツにも参加したAsnake Gebreyesが、1988年にカセット・オンリーでリリースしていた音源が初のLP化!!


●ASNAKE GEBREYES / AHADU 輸入LP 3,024円(税込) (BUDA MUSIQUE / 260304)

エチオピークス・シリーズの最新作! エチオピアの首都アディスアベバが誇る伝説的歌手で、フランスのエチオ・パンク・バンドのユーカンダンツにも参加したAsnake Gebreyesが、1988年にカセット・オンリーでリリースしていた音源が初のLP化!!  冒頭曲の 'Weyene Ajir' は当時大ヒットし、彼の代表曲として知られている。エチオピア特有の演歌にも通ずるコブシ回しと、70年代とは異なる隙間のある音作りや、各楽器のトーンが醸し出すナントモいえない空気感が新鮮。






--------------------------------------------------


★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!

▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp


▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554
※携帯電話からは 03-6380-6173




 
★7/12(木)「新着中古レコード」~SOUL/FUNK新着中古レコード大放出!!~

本日はSOUL/FUNKの新着中古レコード大放出!!
USオリジナル盤から国内盤まで幅広くお出し致します!!
SOUL/FUNKコーナー手前にて展開中!!

価格入りリストはコチラ!!

--------------------------------------------------
★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118 
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp

▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554 
※携帯電話からは 03-6380-6173

夏の本命盤!!井の頭レンジャーズ、名曲「Summer Madness」のレゲエ・カバーを7inchリリース!!


●井の頭レンジャーズ / A SUMMER PLACE / サマー・マッドネス/ア・サマー・プレイス (7") 国内7" 1,620円(税込) (PARK TONE / PARK1017)

夏の本命盤!名曲「Summer Madness」をレゲエ・カバーです。
ご存知、世界で一番リリースが多いレゲエバンド、井の頭レンジャーズが夏休み直前に放つ正真正銘のサマーレコード!A面はKool & The Gandの大名曲「Summer Madness」。みんな大好きな、あのとろけるメロウ・バラードをレゲエ化です。カップリングはラウンジ・ロック「A Summer Place」。腰にくるロックステディ・ビートに乗って奏でられる爽やかなハモンドオルガンの調べを堪能ください



★1989年にCDでリリースされた通算3作目のオリジナルアルバムを小西康陽監修によりLP用に新規編集しての限定アナログ盤化!!


●ピチカート・ファイヴ / 女王陛下のピチカートファイブ 国内LP 3,996円(税込) (ソニー・ミュージック・ダイレクト / MHJL42)

名匠バーニー・グランドマンのカッティング。ソニーDADJプレス盤!



一十三十一、新作7inchが登場!!


●一十三十一 / SIXTEEN REASONS/アクアマリンのままでいて 国内7" 1,620円(税込) (GRAND GALLERY / GRGAE0015)

SIDE A : SIXTEEN REASONS
甘いREGGAEを収録したアルバム「OLDIES BUT GOODIES」より、 TVドラマ「ハワイアン・アイ」に収録のコニー・スティーヴンスの永遠の名曲、「SIXTEEN REASONS 」をMELLOW REGGAEでカバー。間奏のicchieによるトランペットもリゾート感を誘う。

SIDE B: アクアマリンのままでいて
シティ・ポップスのカバー・アルバム「TWILIGHT TIME」より、カルロス・トシキ&オメガドライヴの名曲、「アクアマリンのままでいて」をカバー。こちらはHMV限定で2014年に7インチ化されたが、即完売した幻のアイテム。
今回待望の再プレス!2018年の夏を彩る一枚になるだろう。



★TOOLのメイナード・キーナンとギタリスト/作曲家のビリー・ハワーデルを中心に結成されたA PERFECT CIRCLE、約14年という長い沈黙を破り再始動した彼らの通算4作目のスタジオ・アルバム『EAT THE ELEPANT』リリース!!


●A PERFECT CIRCLE / EAT THE ELEPHANT (2LP) 輸入LP 3,456円(税込) (WARNER / 5053837437)

TOOLのメイナード・キーナンとギタリスト/作曲家のビリー・ハワーデルを中心に結成されたA PERFECT CIRCLE。約14年という長い沈黙を破り再始動した彼らの通算4作目のスタジオ・アルバム『EAT THE ELEPANT』リリース! 元SMASHING PUMPKINSのジェイムス・イハが2004年に加入後の現ラインアップによる初めてのアルバム!

■180グラム重量盤2枚組、ゲートフォールド・ジャケット仕様(Maynardジャケット)、ダウンロードコード付き

社会的不平等、混乱、自己中心的考え、様々な問題や懸念が渦巻く現代社会――その中で今、彼らは何を語り、問いかけるのか。その答えはこの中にある。
12曲が収録された本作をバンドと共にプロデュースしたのは、スレイヤーやオアシスなどとの仕事で知られるデイヴ・サーディ。ミックスも彼が手掛けている。
アルバムの資料によると、ア・パーフェクト・サークルが長い沈黙に入っていた間、何と!中心メンバーの1人であるビリー・ハワーデルは所謂”コールドスリープ”に入っていたそう。アリゾナのウィッケンバーグにあるデイリークイーンで行われたビリーの“目覚めの儀式”に立ち会ったメイナードによれば、彼が眠っていた間に「プリンス、デヴィッド・ボウイ、そしてエイミー・ワインハウスが亡くなり、でも一方で「クリードやスリー・ドアーズ・ダウンといったバンドがまだ元気でやっていることを知ったら、彼が回復しないじゃないかって思った」という。「彼はTV番組“The Surreal Life”や”The Apprentice""も大好きだったんだけど、今何が起こっているのか(The Apprenticeに出演していたドナルド・トランプは、今やアメリカの大統領となっている)、とてもじゃないけど彼に伝える勇気はないね」
アルバム資料曰く約14年もの間、世間から切り離されていたらしいビリーだが、そんな彼でも本作『EAT THE ELEPHANT』は、ア・パーフェクト・サークルにとっての最高傑作になると語っている。「音楽専門誌や新聞の大物ロック評論家たちが、このアルバムを気に入ってくれるといいと思っている。SPINやBLENDERといった雑誌に取り上げてもらえることもグレイトだが、現実を見ようぜ――ティーンにとって、有力紙のおっさんたちのコメントほど影響力のあるものはないんだよ。それが実現すれば、CDがタワーやSam Goodyといった店で飛ぶように売れるんだ!」さらにビリーは、MySpaceでのプロモーションも重要だと語っている。彼の音楽メディアに対する認識はどうやら、14年前で止まっているままのようだが、メイナードはまだ、2018年の現在ではこれらの音楽媒体やCDショップは既になくなっているか、もしくは弱体化しているという事実をビリーに伝えることが出来ていないという。「段階を踏んで少しずつやらないと、彼がパンクしてしまうからね」
14年間というブランクを経て帰ってきたア・パーフェクト・サークル。しかし彼らは、決して現代的感覚を忘れている訳ではない。アルバム・タイトルの『EAT THE ELEPHANT』からも想像できるように(ちなみに共和党のシンボルは象である)、アルバム中には、論争の火種になりかねないような政治的見解が反映された曲もあるとメイナードも認めている。アルバムからは、ピアノの響きが美しい「Disillusions」、聴くものを静かなカタルシスへと誘う「Talk Talk」、そしてリード・トラックとなる、静かな導入部分から力強く畳み掛けてくる「The Doomed」の3曲が公開中。これまでの作品に比べ、繊細でメランコリックというか、ムーディなサウンドの本作だが、これには、メイナードが最近ローリング・ストーンとのインタビューで語った「耳を傾けるべきなのは、自分の内側の声だけだ」という心境が表れているのかも知れない。







★KING GIZZARD & THE LIZARD WIZARD、『GUMBOOT SOUP』が限定カラー・ヴァイナルLPで登場!!


●KING GIZZARD AND THE LIZARD WIZARD キ / GUMBOOT SOUP (LP/COLORED VINYL) 【LTD】 輸入LP 3,348円(税込) (HEAVENLY / HVNLP156C)

多作で知られるオーストラリアはメルボルン出身の7人組大所帯ガレージ・バンド、KING GIZZARD & THE LIZARD WIZARDが2017年にリリースした4枚のアルバムのうち2枚目となる作品『GUMBOOT SOUP』が限定カラー・ヴァイナルLPで登場!深みのあるサウンド・メイキングとポップさが際立った一枚!!



--------------------------------------------------
★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118 
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp

▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554 
※携帯電話からは 03-6380-6173


●レコード・コレクターズ / 2018年8月 国内書籍 823円(税込) (ミュージック・マガジン)


【特集】 ザ・ローリング・ストーンズ~伝説のノー・セキュリティ・ツアー
1998年に出されたライヴ作の名を冠し、翌年1月から4月にかけて短期間行なわれたノー・セキュリティ・ツアーだったが、97~98年に大規模なワールド・ツアーとして展開され日本公演も行なわれたブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアーの煽りを受け、当時の注目度は低かった。しかし、前回のツアーとは真逆の方向性を打ち出したライヴの内容は非常に高く評価され、ソフト化を望む声が多かった。その伝説のツアーの映像/音源が、<フロム・ザ・ヴォルト>シリーズの一作として遂に登場。ストーンズ史の失われた1ページを、いま取り戻せ!

■ ライヴの本質を追求する実験が切り開いた、最良のエンターテインメントへの確信(大鷹俊一)
■ ファンが待ち望んだアリーナ公演ツアーの魅力と意義を語り尽くす(有賀幹夫×佐藤三十郎)
■ ライヴの熱気がダイレクトに伝わる『フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ-サンノゼ1999』(藤井貴之)
■ 近年リリースされたオフィシャル・ライヴの発掘音源/映像を総ざらい(犬伏功)


【特集】 ガンズ・アンド・ローゼズ『アペタイト・フォー・ディストラクション』
ポップで煌びやかなサウンドがシーンを席巻していた80年代半ばに、突如としてセックス、ドラッグ&ロックンロールを地で行く危険なカリスマが現われます。卑猥なジャケットが問題視された87年発表のファースト『アペタイト・フォー・ディストラクション』はレコード店から発売を拒否され出鼻をくじかれますが、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ローリング・ストーンズをカヴァーしていたことからも窺える確かな音楽性は徐々にリスナーを増やしていき、発売から1年をかけて全米1位に輝きました。初登場音源を満載した話題のボックスもくわしく解説します。

■ LAから誕生した危険なカリスマがアメリカン・ドリームを掴むまで(池上尚志)
■ 『アペタイト・フォー・ディストラクション』全曲ガイド(中重雄)
■ 『アペタイト・フォー・ディストラクション:スーパー・デラックス・エディション』解説(行川和彦)


【特集】 リロイ・ハトソン
カーティス・メイフィールドの後任としてインプレッションズに加入したリロイ・ハトソンは、その後、カーティスのレーベル:カートムを中心にソロ・アーティストとして、またプロデューサーとして大活躍し、ストリングスやラテン・パーカッションが特徴的な、スムーズかつグルーヴィーな音楽で、ニュー・ソウルと呼ばれた同時代のシーンに多くの影響をもたらしました。しかし、その真価が理解されたのは、レア・グルーヴやネオ・ソウルといった価値観を経た今なのかもしれません。来日公演での素晴らしいパフォーマンスの興奮がいまださめないなか、改めて彼の作り上げた音楽の意味を考えます。

■ 独自の音楽でソウルの枠を拡張させた才人の歩みを、本人の発言を交えて辿る(林剛)
■ リロイ・ハトソン・ディスコグラフィー~オリジナル・アルバム/編集盤(出田圭)


 


【特集】 マイケル・マクドナルド


■ 久々のオリジナル曲による新作と、現在進行形で高まる再評価を考察する(渡辺亨)
■ スティーリー・ダンやドゥービー・ブラザーズへの参加からソロ作品まで~マイケル・マクドナルド・ディスコグラフィー(片島吉章)


□ マリリオン


昨年に続いての来日公演が9月に決まったネオ・プログレッシヴ・ロック界の筆頭バンドの軌跡(舩曳将仁)


□ ポール・サイモン


老若男女が詰め掛けた“さよならツアー"ハリウッド・ボウル公演リポート(檜山譲)


『グレイスランド:リミックス』(油納将志)


□ ボブ・ディラン


60年代初頭~中盤のライヴからレアな音源をまとめた来日記念盤がリリース(佐野ひろし)


□ ブルース・スプリングスティーン


80年代後半からの作品を収録した『アルバム・コレクション』の第2弾(赤尾美香)


□ パブリック・イメージ・リミテッド


結成40周年を記念したボックスで“素晴らしき新世界"への冒険を俯瞰する(田山三樹)


□ キング・クリムゾン


日本公演補完シリーズのライヴCD第3弾は2000年の全11公演(松井巧)


□ 山口美央子


インタヴュー~作曲家としても活躍する幻のシンセ・ポップ・アーティスト(小川真一)


□ 荒木一郎


歌手/作曲家/俳優などマルチな才人がトリオに残した作品が待望の復刻(鈴木啓之)


□ 『アウトロー&アルマジロ』


70年代の“アウトロー・カントリー"をテーマにした2枚組コンピレーション(宇田和弘)


□ レイ・デイヴィス


自身の音楽的なルーツを探るため再度アメリカに向き合ったシリーズ第二幕(若月眞人)


□ 『約束の地、メンフィス~テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー』


ソウル/ブルース界の巨匠と若手が交流する貴重なセッションを収めたドキュメンタリーがDVD化(小出斉)


□ 大貫妙子


ヨーロッパ路線も含む3タイトルがアナログ盤で再発(池上尚志)


□ ザ・ニートビーツ


世界的な評価も得ているロックンロール・バンドの怒涛のリリース・ラッシュ(犬伏功)


□ 名盤1000円シリーズ


ウルトラ・ヴァイヴのカタログから200タイトル以上が廉価でリリース(編集部)

 
★7/11(水)「新着中古レコード」~INDIE/ALTERNATIVE中古レコードお値段見直し品大放出!!~


INDIE/ALTERNATIVE中古レコードお値段見直し品大放出!!
大変お買い求めやすくなっておりますので見逃し厳禁です!!
新着コーナーにお出ししております!!


価格入りリストはコチラ!!


--------------------------------------------------


★メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
▼お問い合わせはこちら
◎ディスクユニオン ユニオンレコード新宿
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル1F
TEL: 03-6380-6118
E-MAIL: ds18@diskunion.co.jp


▼買取のお問い合わせはこちら
◎ユニオンレコード新宿買取センター
買取専用フリーダーヤル: 0120-978-554
※携帯電話からは 03-6380-6173


プロフィール
HN:
ユニオンレコード新宿
性別:
非公開
twitter
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
8
16 18
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ユニオンレコード新宿 ■営業時間 11:00~21:00(日祝11:00~20:00) ■電話番号 03-6380-6118 ■買取センター ユニオンレコード新宿買取センター 0120-978-554 ※携帯電話からは 03-6380-6173 ■住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル 1F e-mail:ds18@diskunion.co.jp
忍者カウンター

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31